喫茶 はなれ  - coffee house in kyoto -

cafekyoto.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 16日

お知らせ/ Announcement

■新しいウェッブサイトがオープンしたので、このブログは休止します。以下新しいサイトのディレクトリーです。
■Since we have our new website now, this blog ends its mission. New directories are listed below. Thanks.

ワークショプ・レクチャー関連の情報は/ Workshop and Lecture Info
食、音楽、幽霊、旅行記、アート、政治、デザイン日記など多彩な内容満載のコラム/ Our unique columns about food, ghost, travel, art, politics, design
「喫茶はなれ」の写真付きメニューアーカイブ/ Kissa Hanare's menu archives with photos
このブログの継続版/ Our new blog function

□また、新しいウェッブのオープンにともないメールアドレスもkissahanare(at)yahoo.co.jpからinfo(at)hanareproject.netに変更になります。
□Our email address also changes from kissahanare(at)yahoo.co.jp to info(at)hanareproject.net
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-05-16 10:19
2008年 05月 14日

「はなれ」レクチャーシリーズ vol.4/Hanare lecture series vol.4

(For the English text, please scroll down)

e0074218_2394975.jpge0074218_2310299.jpg


対談)伊藤千枝×砂連尾理
5 月25日(日)にhanareレクチャーシリーズvol.4を開催いたします。珍しいキノコ舞踊団の伊藤千枝とダンサーの砂連尾理、スタイルの異なる2人のトークを行います。「ゆるさ」「セクシャリティー」「コンテンポラリーダンスの今後」ということを大きなテーマにしながら、それぞれのダンスを形作るコンセプトと今後の方向性を対談によって明らかにしていきます。閉塞的な社会のあり方を解きほぐす、起爆剤としての身体(ダンス)の役割についても、縦横無尽なトークをお送りします。当日は美味しいご飯と飲物を準備していおりますので、お誘い合わせの上是非ご参加ください。
※参加を希望される方は以下のメールアドレスにご連絡ください。

[日時] 2008.5.25 (Sun.) 19:00-
[料金 ] ¥2000 (飲食込み)
[共催] Open University
[詳細] http://www.hanareproject.net
[問い合わせ] email:info@hanareproject.net phone:075-723-8768
[場所] Kitsoune (hair salon x etc... ) リンク
[行き方] 白川御影通上がる東側ホライズンビル2F(B1F/STUDIO RAG)

伊藤千枝/Chie Ito
1990年「珍しいキノコ舞踊団」を結成。以降全作品の演出・振付・構成を担当し、国内外で作品を発表している。公演は劇場の他、美術館の中庭や映画館、事務所やカフェなど、カラフルな舞台美術や衣装とともにあらゆる空間で上演。その様々な空間で立ち上がるダンスを観客とともに体験し、それぞれの場所、それぞれの身体がもっているダンスを探り「楽しむ」ことを目指している。2003年〜2004年NHK教育テレビ「ドレミノテレビ」の振付を担当、2007 年映画「めがね」(荻上直子監督の最新作)の"メルシー体操"振付、UAの新曲「黄金の緑」の振付など。 http://www.strangekinoko.com/

砂連尾 理/ Osamu Jareo
大学入学と同時にダンスを始める。'91年より寺田みさことダンスユニットを結成。
自己と他者という人間関係の最小単位である『デュオ』という形態の中で、そこから
生まれ出るハーモニーに着目し、人間の新たな関係性を模索した作品づくりを行なう。
又、近年はソロ活動を展開し、舞台作品だけでなく障がいを持つ人やホームレス、子
どもとのワークショップも手がけ、ダンスと社会の関わり、その可能性を模索してい
る。今秋より、文化庁・平成20年度新進芸術家海外留学制度の研修員としてベルリンに滞在する予定。



Kitsoune(キツネ)
左京区にあるヘアーサロン+α。素敵な空間とオーナーをしたって集まる人は数知れず。
http://blog.kitsoune.com/

Chie Ito x Osamu Jareo
We are pleased to announce that we are hosting [hanare lecture series vol.4] on May 25th with Chie Ito and Osamu Jareo, unique and well-respected contemporary dancers. The talk will focus on the "looseness in the context of contemporary dance," "sexurality," "the future of Japanese contemporary dance," while revealing the ideas behind Ito and Jareoユs dance styles. The lectureユs topic also includes how a body (dance) can play a vital role to loosen up the tightly controlled society, and to offer a fresh perspective in the era of overly complicated world. We will serve food and drinks for the lecture, and please email us if you are planning to join us.

[Date &Time] 2008.5.25 (Sun.) 19:00-
[Admission ] 2000 yen (food & drink included)
[Co-hosting] Open University
[More Info] http://www.hanareproject.net
[Contact] email:info(at)hanareproject.net phone:075-723-8768
[Location] Kitsoune (hair salon x etc... )
[Access] Located on 2F of Horizen Buid. on the west side of Shirakawadori, little bit north of Mikagedori.
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-05-14 23:00 | Lecture/Workshop
2008年 05月 12日

静かなよる/ Quiet Night

・切り干し大根と鶏肉、じゃがいもの煮物
・焼き野菜と豆のマリネ
・玄米ごはんe0074218_23435080.jpge0074218_234437.jpg


ここ何ヶ月かと打って変わって、とても静かな夜になりました。飲食業とはこんなものなのでしょう。最近は新しいウェッブサイトの準備やら5月末に企画しているレクチャーの準備をしています。もうそろそろそのお知らせができると思うので、しばしお待ちを。緑が美しい季節、鴨川や下鴨神社を歩いていると京都に住んでいてよかった、しみじみします。あと、最近ビスコッティーを美味しく作れるレシピを見つけては、実験を繰り返しています「貧乏暇あり」の暮しです。
材料
・薄力粉 200g
・ブラウンシュガー(てん菜糖)100g
・ベーキングパウダー 小さじ1/2
・ミックスナッツ 100g
・卵 1個

オーブンを180℃に加熱しておく

1.薄力粉とベーキングパウダーをふるっててん菜糖と会わせる。
2.ナッツは半分を細かく刻む。後の半分はそのままに。
3.1に刻んだナッツをいれてまぜ、溶いた卵を入れる。
※粉ぽかったら、牛乳をいれてまとめる。
4.残り半分のナッツをいれて2等分し、20cm位の楕円形にまとめて
クッキングシートを敷いた天板に載せる
5.180℃で25分焼く
6.焼けたらあら熱がとれたら、1cm幅に切り分け
次ぎは160℃で20分焼く。
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-05-12 20:58
2008年 05月 05日

youtube

○野菜のドライカレー
○口直しピクルス
○ジャガイモと新タマネギのポタージュ

e0074218_3572093.jpg

今日も沢山のお客さんに来てもらいました。皆さんありがとう。最近は毎週忙しい月曜日続きで、嬉しい限り。今日は何とかさん(名前忘れた)というダンサーの人のyoutube映像を竹内さんが紹介し出したところから、昭和の歌手、アイドルとかの映像を3時過ぎまで見続けました。若者2人を除いては、基本的に78年前後生まれだったので、南野陽子、浅香唯、ユーミン、光ゲンジ、イルカ、中森明菜、ジュリー、Tボラン等々。当時は馬鹿にしていた曲も今聴くと、なんとなく懐かしさが漂って見入ってしまった。でもみんなも同意した、最高の一曲は尾崎紀世彦の「また会うひまで」だった。心に染み渡るようないい歌詞だった。こういう懐メロを聞いたり見たりすると、懐古ばっかりする人間になるので、1年に1回ぐらいにしときましょう。

My text today is all about Japanese oldies that English speakers probably have no idea. I am not translating the text for that reason... Hearing about the oldies you are completely unfamiliar with is so frastrating, I know.
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-05-05 23:29
2008年 04月 29日

キャンプファイヤー

○中華風タケノコご飯
○若竹と湯葉のたいたん・ふきとおあげさん
○タケノコのおすまし

e0074218_19356.jpge0074218_11011.jpg


今日のメニューは本当に筍づくしでした。定員以上の人がきて、最後には追加メニューも出ました。今日もありがとう。日曜日に、総勢10人位で洛西のちょっと上の方へピクニックに行ってきました。ピクニックをしつつも、トイピアノやリコーダー、親指ピアノ(アジアの楽器。。。名前を忘れた)を演奏しながら、ダンスをしたり、群れで通りかかった猿に向けて奇声を発したりしていたわけです。しかも10人全員が手の凝った鶏の仮面を付けていたから、近くに居た人達からは完全に新興宗教の危ない人だと思われていたと思う。たまたま帰りにツリーハウスで佇む家族グループを発見したところから、あれよあれよと言う間に、彼らの前で踊りと音楽を披露することになって、ダンサーチーム2名とその他楽器隊で、急遽音楽とダンスのパフォーマンス(と呼んでいいのか。。。)をして、そのお礼でもらった戦利品が今日の筍メニューです。長。みんなが体を張った賜物で、美味しくいただきました。

全然関係ないんですが、トイピアノ関連で、以前はなれに来てくれたクラッピーミニバンドの紹介。彼らはオモチャ楽器やとにかくなんでもを楽器にして、壮大な音楽を作り上げるブリュッセルのミュージシャンです。4月上旬にメトロでライブがあり、それが最高によかった。小さな楽器でオペラから80年代まで、縦横無尽な音を作りだす。彼らのマイスペースはこちら。
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-04-29 01:11
2008年 04月 20日

オリーブオイル/ Olive oil

○ビビンバ
○豆腐と木耳のスープ

e0074218_1214.jpge0074218_135582.jpg

イタリアに少しの期間行く事が決まってから、なんやかんやとイタリアの人に会う事が多くて、巡り合わせって本当に不思議。今回はなれに寄ってくれたのは、イタリアのウンブリア州でオーガニックのオリーブオイルを生産しているシルビアーナさんとジョルダーノさんのカップル。最上級のオリーブオイルを作っていると聞いて、味見の結果は。。。本当に美味しかった。歯の間から息を吸い込むようにしてテースティングをして、その場にいたお客さんとちょっと危ない人集団と化してた。新鮮でまったく油っこさがない味わいに、ヘーという言葉しか出てこなかった。これまで使っていた一応オーガニックのオイルを見せると、「これは混ぜ物で、化学調味料で匂いがついているよ」って言われてがっくりしつつも、あまりの味の違いが歴然。彼らはパソコンを組み立てることもできるし、自分達の家も何年もかけて自分達で作ったり、家畜と野菜を育てて、太陽熱発電で電気をまかなってって、DIYの精神に充ち溢れていて、生活そのモノがメチャクチャ楽しそう。しかも幅広い話題にまたがっていろんな話が出来て、住んでいる国とかに関係なく直球の話が出来て、たいそう楽しい夜になりました。しかもアーティストを滞在させたり、音楽パーティーを開いたり、これはもうイタリアにいったら絶対に居候してこないと。

Tonight, we had visters from Italy, Siliviana and Giordano (I'm sure I spelled wrong), who produce and sell the best quality olive oil. Together with today's customers, we tasted the oil, drinking a drop of oil and breathe strongly so that we could taste many layers of tasts. Our "organic olive oil," a prodcut of Spain, they said, is sadly a mix of many oils with a artificial flavor.... Well it makes sense becuase it tastes soooo different from their oil. Besides producing the oil, they grow cattles, vegetables, assemble their own computers, produce solar power etc & etc... full of energy and creativity. It just reminded me joy of engaging in a exiciting conversation with people like them, and this is clearly a beautiful product of globalization.
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-04-20 23:50
2008年 04月 20日

シネマナイトvol.1@Kitsoune/ Cinema night @ Kitsoune

e0074218_1145077.jpg

Kitsouneの写真。この床に寝そべりながら映画を見ます。

堀内君と夏井さん企画で、4月26日(土)にKitsoune(キツネとよみます)でシネマナイトvol.1を開催します。なまはげ伝道師の資格も持っている夏井さん(私たちも最近知り合いになったのです)のセレクション。上映映画のタイトルはどうやらその日まで秘密らしく、90分の作品と30分の作品が各1本上映されるらしいということのみ明らかにされています。どんな映画が上映されるのか、ちょっとワクワクしています。今後いろんな可能性を秘めたシネマナイト、映画上映の合間に、クロアチアの実験フィルムなんかも紹介できたらと思ってます。
参加したい人、当日Kitsouneまで、床に敷くラグマットのようなもの、クッション、飲物他、映画鑑賞に欠かせないと思われるものを各自適当に持ってきてください。私たちはチャイニーズテークアウト風に、お弁当を何個が準備して行きます。(お弁当希望の人は、info(at)hanareproject.netまで連絡くださいね)

[日時/Date &Time] 2008.4.26 (土) 21:00-
[料金/Admission ] Free
[問い合わせ/ Contact] email:nfo(at)hanareproject.net
phone:075-723-8768
[場所/Location] Kitsoune (hair salon x etc... )
[行き方/Access] 白川御影通上がる東側ホライズンビル2F(1F/STUDIO RAG)
It's located on 2F of Horizen Buid. on the west side of Shirakawadori, little bit north of Mikagedori.
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-04-20 00:14
2008年 04月 18日

レクチャーレポート/ Lecture report 04.16

e0074218_1551998.jpge0074218_1553341.jpg
e0074218_1554531.jpge0074218_1555745.jpg

初めてはなれに来られた方や府外から来て頂いたりして、皆さんありがとうございました。前回のレクチャーに来ていない参加者の方が殆どだったので、まずはどのような経緯でこの展覧会を企画したのかという話や出展参加に付いての話をざっくりと。(展示の詳細については、渡辺さんのHPを見た方が分かりやすいので省きます)そしてNYでの展覧会のレポートに話は移って行きました。400人近くもの人がオープニングに来て、来場者の反応自体は凄く好意的に迎えられたようです。NYの展覧会の批評は全て学術誌からで、美術雑誌からのレビュー1つも得られなかったという事を聞いて、それはとっても残念だと思った。美術誌が機能不全に陥っていることとか、マーケットと繋がらないような展覧会には見向きもされないという経済的な仕組みから、自動的に排除されて、政治性を排除する方向が出来上がっている。日本でも決まりかけた巡回先がだめになったりと、挑戦的なテーマを避けて通る、きっぱりとしない態度がはびこっていて、アート関係で働いている人、しっかりしてください!と叫びたくなった。渡辺さんが「アーティストは理想を掲げるのが仕事」っていうような事を言っていたけど、そこに関わるメディアや機関が「理想を掲げる仕事」を全く受け止めることができない現状は、個々がなんとかして変えていかないとだめです、って思った。特に、こういう形でインディペンデントに動いている人がちゃんと活きるような仕組みを考えていかないとね。今回のレクチャーではアート関係の人やらアーティストの人達も来ていて、いろんな話が飛び交って、彼らからの質問を聞いていてもいろいろ考えるところがありました。この展覧会は、今後東京と京都、沖縄で開催されるみたいですので、近くに来た時は足を運んでください。
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-04-18 02:00
2008年 04月 16日

「はなれ」レクチャーシリーズ vol.3/Hanare lecture series vol.3

e0074218_15324079.jpg
協力:「アトミック・サンシャイン - 9条と日本」実行委員会

- For information in English, please scroll down
4月16日(水)に「はなれ」レクチャーシリーズvol.3を開催します。今回のレクチャーは2007年1月17日に行ったレクチャーの続編として、再びNY在住キュレーターである、渡辺真也さんを迎えて行います(昨年のレクチャーの模様はこちら)。前回のレクチャーでは「アトミック・サンシャインの中へ - 日本国平和憲法第九条下における戦後美術」という美術展覧会の企画段階の話でしたが、今回のレクチャーはNYでの同展覧会を終え、今年8月6日に迫った東京・代官山ヒルサイドフォーラムでの展示に向けた話をしてもらいます。渡辺さんの展覧会に向けてのテキストを私たちなりに咀嚼しながら、今回のレクチャーの意図を説明してみます。戦後、憲法9条があることによって戦争を回避してきた一方で、アメリカ軍の庇護のもとに経済的発展を遂げてきた日本において、アーティストはそのねじれた状況を捉え、戦前と戦後の関係性、日本の平和状態の国内的/国際的な意味合いを問い直す作品を数多く残してきた。渡辺さんの展覧会はそうした日本の戦後美術を検証することによって、「憲法9条」を持つ事の意味を美術の視点から問いかけるものです。近代国家の枠組みを越えた「テロリズム」が世界を覆うなか、 「あなたを傷つけない」という「他者」への宣言が、今、グローバルな力を持ちうる可能性についても話してもらいます。「戦争は人が死ぬし嫌いやねん」ってはっきり言ってしまえる日本の腰抜け的弱さがステキだし、この類をみない進歩的な態度は、世界中の人からもかなりモテモテやと思う。そして、インディペンデントなキュレターとして明確な意思がある展覧会を企画し、実際に実現させている渡辺さんの仕事っぷりについても、アートマネージメント%&#@#というちょっと訳の分からないカテゴリーの枠から出て、考えてみたいと思ってます。レクチャー当日は美味しいご飯と飲物を準備しています。収容人数に限りがありますので、来られる方は 「はなれ」までご連絡ください。皆様の参加をお待ちしています。
※当日は展覧会のカタログを2000円で販売しますので、こちらも是非お求めください。

-展覧会に関する渡辺さんの文書はこちら-
-NYでの展覧会オープニングの模様はこちら

-展覧会参加アーティスト: ヴァネッサ・アルベリー、アローラ&カルザディーラ、エリック・ヴァン・ホーウ゛、江沢考太、森村泰昌、オノ・ヨーコ、大浦信行、照屋勇賢、下道基行、柳幸典、松澤宥

[日時/Date &Time] 2008.4.16 (Wed.) 20:00-
[料金/Admission ] 1500yen (Food & Drink included)
[問い合わせ/ Contact] email:info(at)hanareproject.net
[場所/Location] Hanare
[共催/Co-hosting] Open University

-Open UniversityとはNYのブルックリンで始まったレクチャー&ワークショップシリーズです。イラク戦争、食、セックス、ロック、住居など, 政治/文化/生活にまつわる様々なテーマを議論してきました。現在もNY、オークランド,京都と場所を変え、形を変え継続されています。

Information in English
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-04-16 16:16 | Lecture/Workshop
2008年 04月 14日

なまはげ

○おから入りハンバーグ
○人参サラダ
○新ジャガと新タマネギのポタージュ
○玄米ごはん

e0074218_0342743.jpge0074218_0344291.jpg
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-04-14 11:34
2008年 04月 13日

マーマレード!/Marmalade!

e0074218_13234837.jpge0074218_132412.jpg


三木家の実家(徳島)から段ボール一杯の夏みかんを送ってもらったので、4kg!のマーマレードを作る。多分家になっている完全無農薬で、酸味と甘みのバランスが最高の夏みかんです。毎年、毎年ありがとう。ジャムでお裾分け返しします。こんだけの量のマーマレードを作っておけば、来年まで毎日の朝ご飯に食べられそうです。はなれのメニューにも出します。今回は皮と別に、身の部分も内皮も一緒に圧力鍋で煮るレシピを見つけたので、皮を剥くプロセスをすっ飛ばすことが出来た。こうして簡単にレシピが検索できて、インターネット万歳。
参考にしたのは以下のレシピ。
http://www.tcn.zaq.ne.jp/pound_cake/kitchen/mamaredo.htm
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-04-13 13:22 | Recipes
2008年 04月 09日

傘の忘れ物/Forgot your umbrella?

7日のパーティー後、10本程の傘が「はなれ」に残されています。外の窓枠に掛けてあるので、忘れた方は取りにきてください。引き取り手がない傘は、「傘とライターは天下の回りもの」ということで、私たちが使わしてもらいます。
There are about 10 unbrellas left after the 4/7 party. Please come by Hanare to pick up your umbrella hung on a window frame outside of Hanare. Otherwise we wil use and circulate them.
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-04-09 14:03
2008年 04月 08日

ありがとう!/ Thank you!

e0074218_2059550.jpge0074218_20591839.jpg


e0074218_1174333.jpge0074218_1202530.jpg



「はなれ」の2周年記念パーティーは大盛況のうちに終わりました。50人を越える人達が集まってくれて、それはそれは幸せな夜でした。雨の中来て下さって、本当にありがとうございました。大原の農家、渡辺夫妻が畑で取れた新鮮野菜を特別販売してくれたり、隅岡さんの無水鍋を使ったライブベーキングがあったり、最後にはフミちゃんのアコースティックライブもあって、無計画で風任せの私たちのパーティーを盛り上げてくれました。そして、竹内さんは重たいミディアムフォーマットのカメラで、パーティーの模様を激写してくれました。竹内さん、写真の出来上がりを楽しみにしています。(パーティーの模様は竹内さんからの写真が出来次第、またアップします)なんかお礼のオンパレードだけど、最後にプロジェクターを天井から設置してくれた山崎くんに感謝の一言、ありがとう。次のレクチャーでも大活躍しそうです。
今年の「はなれ」は変化の年を迎えます。まずは4月末にはなれメディアとして、ウェッブサイトが完成します。そして、今年末ぐらいから、本格的なプロジェクトスペースとしてもっともっと進化できるように、もっともっと面白いことができるように、頑張っていきますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

Thank you so much for coming to Hanare and joining our celebration last night. Over 50 people made it to Hanare, and we were really, really happy to have everyone here. Our friends, Watanabe-kun and Tami-chan brought their fresh veges to do a mini farmar's market here, and Sumioka-san did LIve! Baking using a special pot, and Fumi-chan sang beautiful songs at the end. Also Takeuchi-san brought a heaviy medium format camera and shot the party scene. Thank you guys for your contributions! And Nikki, we recieved your card today, what a perfect timing! Thanks again for your warm support!

パーティーのメニュー
・おにぎり2種(古代米とタケノコご飯)/ Two kinds of riceballs
・鶏のまるごと塩釜焼き/ Griiled Chiken (cooked with sault covering)
・ディップ2種とパン(レバーのパテ、クリームチーズ&パイナップル)/Two dips with bread
・鴨のロースト、赤カブ、クレソン、オレンジピューレ添え / Roasted duck with radish, cresson and orange pure
・ファラッフェルボール/ Fallafel ball
・ミルフィーユ風ショートケーキ
(ほうじ茶のケーキ、フムスは樹里ちゃんからの差し入れ)
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-04-08 21:43
2008年 04月 07日

祝2歳!/ Two years anniversary!

e0074218_2242948.gif

2006年の4月3日にはなれをオープンして約2年が経とうとしています。いぇーい!あっと言う間の、だけど相当中身の濃い2年間でした。去年1年間は、最初の1年とは比べ物にならない程、たくさんの方にお越しいただいて、素敵な出会いが数多くありました。ここまで続けて来れたのも皆さんのお陰です。ありがとう。この1年間の感謝を込めて、2周年記念パーティーを開催しますので、お友達をお誘いの上、遊びにきてください。美味しいご飯とお酒を用意して待ってます。夜を締めくくるサプライズイベントがあるかも。。。お楽しみに。

Hanare will celebrate its 2nd anniversary on April 7nd. Our second year has been so amazing, meeting lots of new people and starting workshops and lectures. We are very happy and proud that we have somehow managed to keep this place open, thanks to all of you guys who have visited hanare.To celebrate our anniversary and show our appreciation to those who have supported us by coming here and engazing in exciting conversations, we are hosting Hanare special night on April 7th, with a surprise event planned at the end of the night... We will be waiting for you with food and drinks.

□日時/ Date&Time:4月7日(月) 7時〜終わりまで / April 7th, 7pm -
□場所/Place:はなれ/Hanare
□料金/Admission:1000円(料理+飲物込み)/ 1000yen (food & drink included)
*もちろんお酒持参も大歓迎です!/Bringing drinks will be also appreciated!

[お願い/Attention!]自転車でお越しの方は、はなれを北上した所にある高原公園周辺に駐輪してください。/ If you are coming to Hanare by bike, please park it at Takahara Park, located a little bit north from Hanare.

[PR]

# by kissa-hanare | 2008-04-07 02:26
2008年 03月 30日

南アフリカより/From South Africa

○いなり寿司
○ふきのとうとらっきょうの天ぷら
○車麩の野菜たれ
○新タマネギのお味噌汁

e0074218_14433232.jpge0074218_1443537.jpg
e0074218_1444950.jpge0074218_14442247.jpg

☆エスプレッソ・カプチーノマシーンが「はなれ」に到着したので、明日から、美味しいエスプレッソとカプチーノが飲めます。お試しあれ。
☆We have now a fancy espresso/capuccino machine at Hanare. Please try a cup of expresso/capuccino/machiato when you vist Hanare next time.

今日は初めてのお客さん率が高い夜だった。つい最近まで秋吉台に滞在していた、南アフリカのケープタウン在住のアーティストが「はなれ」に遊びにきてくれた。よく考えると、南アフリカの人とちゃんと話すのは初めてかも。みんな気さくでいい人達。アパルトヘイト以来の南アフリカはどうなっているの?という、答えるのが難しい質問をしてしまったけど、マンデラさん以降の南アフリカについて何にも知らないと改めて思った。折角知り合ったんだし、機会があったら南アフリカにも遊びにいって、いろいろ見たい。
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-03-30 18:44
2008年 03月 29日

4649project on Flickr

フリッカーサイトの4649プロジェクトはまだまだ続きます。
We will keep updating photos onto the 4649project on flickr .

e0074218_22282251.jpg

[PR]

# by kissa-hanare | 2008-03-29 11:27
2008年 03月 25日

新たなる常連

〇春野菜のカレー/ターメリックライス
〇カリフラワーのマリネ
○生春巻きe0074218_053789.jpge0074218_055145.jpg


[PR]

# by kissa-hanare | 2008-03-25 00:56
2008年 03月 23日

琵琶湖ホールについて/ About Biwako Hall

ダンス・演劇イベントで有名な琵琶湖ホールが存続の危機にさらされているとは、全く知りませんでした。結局、休館することは免れたみたいです。友人から聞いて、初めてその事を知った。琵琶湖ホールの施設の充実ぶりは関西ホールの中でもずば抜けているのだけど、県外からの来館者が多く、彼らは京都に宿泊したりして経済効果が薄いことと、県民の人達が集う施設になっていないらしいです。さらに、福祉予算が削減されることに対して、琵琶湖ホールの休館が提案されたらしく、福祉と文化を天秤に掛けられたようです(福祉がなかったら困るけど、アートがなくても生きて行けるというよくある話)。その友人と話していて思うのは、アートはいつも福祉やら教育やらと天秤に掛けられて、なんで無駄な公共事業とは天秤に掛けられないのか、ということです。琵琶湖ホールを閉鎖したら、老人を○○人救えると言われたら、人の命を救いたいと思うに決まってる。アートと福祉がお金を奪い合っている国がGDP2位って、どうなのよっていう話です。文化行政に対する予算縮小を言われたら、その地方自治体がどれだけ無駄な公共事業にお金を払っているか、調べましょう。文化予算VS土建行政(道路拡張工事とか、無意味な河川整備工事とか。。。)です。以上のことを踏まえた上で、琵琶湖ホールも滋賀県民の人がもっと集まれるような工夫が必要かもしれません。地元の小学校、中学校に公演者と一緒に訪問したり、学生を相手にしたワークショップを開いたり、滋賀県に琵琶湖ホールがあってよかったね、って思ってもらえるような地道な取り組みがもっと必要かもって、思います。
以下琵琶湖ホールを応援する会のHP
http://biwako.e-message.jp/
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-03-23 01:26
2008年 03月 23日

日本のバカ/ Japan, stupid #1!

今週にアントニオ・ネグリというイタリアの哲学者が来日予定でした。東大、東京芸術大、京大でいろんなイベントが開催される予定だったのだけど、以下の理由で、来日が中止になりました。以下、来日中止を受けてのネグリの文章です。ださいし、恥ずかしいわ日本、ってしか言えない。
それぞれのイベントはネグリ不在でも開催されるようなので、ネグリが来ていない意味を考えながら、参加する意義がありそうです。京大でのイベントは市田さんと廣瀬さんとの対談になるそうです。

We were supposed to witness Antonia Negli speaking at Tokyo University, Tokyo University of Art, and Kyoto University this weekend. He's visit was cancelled because stupid Japanese governemt, only two days before his departure, asked Antonio to submit the documents, which prove that he was a political prisoner. Apperantly no country has ever requested such a dumb and unnecessary proof. Despite his absence, all the evente planned will be held, and I still think it's worth attending one of them while thinking about his absence.
---------------------------------
皆さん、

まったく予期せぬ一連の事態が出来し、私たちは訪日をあきらめざるを得なくなりました。この訪日にどれほどの喜びを覚えていたことか! 活発な討論、知的な出会い、さまざまな交流と協働に、すでに思いをめぐらせていました。

およそ半年前、私たちは国際文化会館の多大な助力を得て、次のように知りました。EU加盟国市民は日本への入国に際し、賃金が発生しないかぎり査証を申請する必要はない、と。用心のため、私たちは在仏日本大使館にも問い合わせましたが、なんら問題はありませんでしたし、完璧でした。
ところが2日前の3月17日(月)、私たちは予期に反して査証申請を求められたのです。査証に関する規則変更があったわけではないにもかかわらずです。私たちはパリの日本大使館に急行し、書類に必要事項をすべて記入し、一式書類(招聘状、イベントプログラム、飛行機チケット)も提示しました。すると翌18日、私たちは1970年代以降のトニの政治的過去と法的地位に関する記録をそれに加えて提出するよう求められたのです。これは遠い昔に遡る膨大な量のイタリア語書類であり、もちろん私たちの手元にもありません。そして、この5年間にトニが訪れた22カ国のどこも、そんな書類を求めたことはありませんでした。

飛行機は、今朝パリを飛び立ち、私たちはパリに残りました。

大きな失望をもって私たちは訪日を断念します。
数カ月にわたり訪日を準備してくださったすべての皆さん(木幡教授、市田教授、園田氏——彼は日々の貴重な助力者でした——、翻訳者の方々、諸大学の関係者の方々、そして学生の皆さん)に対し、私たちは申し上げたい。あなたたちの友情に、遠くからですが、ずっと感謝してきました。私たちはこの友情がこれからも大きくなり続けることを強く願っています。皆さんの仕事がどれほど大変だったかよく分かります。そして皆さんがどれほど私たちに賛辞を送ってくださっているかも。
パーティは延期されただけで、まもなく皆さんの元へ伺う機会があるだろう、と信じたい気持ちです。

友情の念と残念な思いを込めて……

2008年3月19日 パリにて
ジュディット・ルヴェル
アントニオ・ネグリ
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-03-23 01:24
2008年 03月 17日

素晴らしき山口 / Yamaguchi, a wonderful city

○そぼろご飯
○白菜のナムル
○ブロッコリーとゆで卵のソテー
○大根のスープ

今日も沢山の人に来てもらいました。ありがとう。ここ最近はいろんな人に来てもらって、嬉しい限り。タイトルからも分かるように、この週末に行ってきた山口県の感動覚めやらずという感じです。YCAM (山口情報芸術センター)に初めて行って、その規模と事業内容に少し圧倒された。アーティストとスタッフが共同制作をして、作品を作るというそのやり方とか教育活動の充実度等々、ちょっと話を聞いただけでも、そこで働いている人達の意識が相当高いことに感動した。「そうやんな、な、な、」って相槌100連発で、話してて本当に楽しかった。近々面白いことを一緒にやりましょう!内山さんいろいろお世話をありがとう。私たちも京都と世界で頑張らないと、改めて思う。で、山口の街もYCAMとか秋吉台国際芸術村のスタッフと地元の面白い人達のコミュニティーが出来ている模様で、小さくてもキラッと輝いている雰囲気がありました。「あのバーに行けば誰かがいる」ってな感じの街のあり方にはやっぱり引かれます。日本の地方都市で、観光地としてではなく面白いと思える稀なケース。そんな事を今日のはなれで話していたら、原君から日本社会の成り立ちについてのミニレクチャーがあった。詳しくは原君に会って聞いてください。4月にははなれ2周年パーティがあったり、映画上映会も始まって、ウェッブサイトも完成する予定なので、いろいろ盛りだくさんになりそうです。

As today's title suggests, my trip to Yamaguchi last weekend has such a strong impact on me. Although I visited there only for a brief period, mainly to see Akiyoshi International Village and YCAM (Yamaguchi Center for Arts and Media), the energy of the place and people I met there are really something. I was astonished by the scale and quality of what YCAM does, a collaborative process between the staff of YCAM and artists to produce an exhibition and a good educational program, that people working there maintain creative quality at very high level. Yamaguchi city too offers this feeling of a small community, mingling the people working for these art institutions and local creative minded people. I personally like a big city, but I'm fascinated to the intimacy of having one bar where everyone is there. Yamaguchi offers a rare case and hope for a small sized city, given that most of the cities today are simply flat suburbs.
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-03-17 01:59
2008年 03月 10日

若さ爆発

○カレイの一夜干し
○菜の花とエビのかき揚げ
○玄米ご飯

e0074218_0345034.jpge0074218_035712.jpg


今日はナホさんの実家近くでとれた一夜干しがメチャクチャ美味しかった。で、なんとなくはなれも飲み屋っぽい雰囲気が漂っていました。偶然にも今日は元気な学生客が多くて、若いエネルギーが溢れる夜になる。みんな何かを始めようとしている学生ばかりで、こういう人達と話していると、私たちも、もっともっと頑張らないとという気になってくる。こういうキラキラしたエネルギーが凄く好き。私たちもノリがいいのでは全然負けてないから、もっともっといろんな人にびっくりするような面白い話を持って来て欲しいなと思った。もうすぐ4月、いろいろ起こりそうな予感がします。

Today's tasty fish comes from Naho's hometown. Because of its smell, hanare tonight was like Izakaya, a Japanese typical bar/restaurant. Tonight was dominated by young and energetic studnets who brought lots of interesting ideas and stories to us. Whenever I talk to them, I always get energy and hope, which kind of changes my perception about Japanese society in a good way. April, an important season in Japan in which everything (re)starts, is approching, and hanare too will undergo a new period starting April.
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-03-10 22:11
2008年 03月 02日

運動会/athletic game

○ちらし寿司
○シジミのおすまし
○菜の花の白和え
○+αe0074218_0403584.jpge0074218_0405969.jpg

[PR]

# by kissa-hanare | 2008-03-02 23:14
2008年 02月 25日

左はど真ん中/ Left is right in the middle

○韓国風のり巻き
○ゆで豚
○ピリ辛スープ
e0074218_1294456.jpge0074218_1295969.jpg


今晩も沢山の方にお越しいただきありがとうございました。東京からの客人があったりと、楽しい夜になりました。今、はなれの新しいウェッブサイトを作るためにいろんなコンテンツを考えています。これまで以上に多くの人関わってもらって、もう少しメディアとして充実させたいと思ってます。音楽、アート、政治、生活全般の記事を書いてもらえるように、何人かの人に交渉中です。とにかく支離滅裂に、振り幅の大きなものにしていきたいです。このサイトが、ずっと作りたいと思っている「自己啓発本」の役割を担っていけばと思っています。書く事に興味がある人がいたら、はなれまで連絡待っています。

We had many customers tonight as well. Thanks for making it in this freezy night. It was really fun night with the customer who came here all the way from Tokyo!
We are working on making a new website for hanare, and we want the site to function as small media, including contents from art, music, politics, and life in general. It's got to be diverse and kind of out of control in a good way. Hope this website will be our take of online version of "self-help" book. If anyone wants to contribute to our new website, please email us anytime to talk about a theme.
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-02-25 23:40
2008年 02月 19日

選挙/加藤君がんばりや。/ Election

□ひき肉の白菜包み
□大根とあさりの春雨スープ
□玄米ご飯

e0074218_145652.jpge0074218_151311.jpg

今日は市長選のすぐ後という事もあり、選挙の話題がでていた。やっぱりあの人。。。って思ったと同時に共産党系の候補者が900票差位で追いつくなんて、京都にしかできないことだと思った。他県とかではあり得なさそう。それにしても900票差って、もう少しいろいろすればよかったと反省しました。
左京区とその他の区の投票行動が全くちがったという。なほさんの指摘に、なんか納得。左京区は他の区から独立してサンフランシスコ(アメリカで最も進歩的/革新的な都市)みたいになればいいのにと思う。高齢化やら産業の空洞化で衰退している区に限って、保守的な20世紀的な候補者にしがみつくのは何でなんやろう???そんな候補者選ぶから衰退するのに。世界の主要都市の経済発展度、福祉の充実度、文化政策の充実度と、進歩的な政策との関連について前から調べてみたいと思っていいる。景観を規制したセンスのある街並を作れば、観光客が増えて観光収入が増える。文化政策を充実させれば世界中からアーティストが集まって、アーティストの集まる場所にはカフェやらギャラリーやらバーが出来て地価が高騰するから、不動産価値が高まる。ゲイの人達や外国人が差別を感じず住みやすい街になれば、たくさんの人が引っ越してきてくれて、その人達を対象にした新たなビジネスと雇用も生まれる。環境問題にしてもそう。今の経済システムの個人的な好き嫌いは置いておいて、資本主義的にもその方がもっと儲かるのに。進歩的な街になればなるほど、人の移動が盛んになって、ビジネスチャンスが生まれるるのは常識なのに。。。というような感じで個人的には左京区を独立させたいと思った。それ以外の「はなれ」は展覧会やデザインの打ち合わせだとかが進行していました。
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-02-19 01:06
2008年 02月 04日

コインランドリー/ Laundromat

○アサリと豚肉のポルトガル風炊き込みご飯
○ゆできゃべつ/アンチョビソース
○にんじんとじゃがいものポタージュ

e0074218_23431788.jpge0074218_2343486.jpg


e0074218_17101161.jpg

コインランドリーの経営に興味があって、タイトルにしてみました。中古の販売サイトを除いて見たり、経営コストを調べてみたりと、遊び半分、本気半分というところでいろい調べてます。コインランドリーのある風景と、コインランドリーで待つ時間が好き。コインランドリーってどの位儲かるのだろうかね。コインランドリー+喫茶店みたいな場所でカルチャーイベントをオーガナイズして、週に2日はバイクのメッセンジャーとして働く。。。そういう働き方ができるように考え中。あと、京都は市長選まっただ中なので、各候補のサイトを参考までに。時間があれば、政策をまとめてアップしよう。

I have been always interested in running a laundromat as a tool to help a project space to sustain by iteself. Besides, I simply like laundromat as a space, and spending time there (because they are super cool !). I am picturing a space that has laundromat, cafe, office and many other things all together. Unfortunately though laundromat in Japan is not as indispensible as in the US, because people own washing machines and dry clothes outside. I wanna find out a investment cost of buying the machines, and if running the machines is actually profitable enough in Japan.
Whlile the presidential primary in the US is going on, Kyoto's mayoral election campaign has just begun. I am listing all 4 candidates websites here, so please take a look and make a comparison among the candidates. If I find enough time, i'll put more info about each candidate.
中村和雄
門川大作
村山祥栄
岡田登史
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-02-04 00:02
2008年 01月 28日

堀内君,オゾワラ君、頼んだね。

○ポークビーンズスープ
○ジャガイモと蓮根のサラダ
○菜の花のココナッツクリーム和え
○ご飯

e0074218_23265784.jpge0074218_2327972.jpg



坂口さん
の本が発売されました。タイトルは「TOKYO 0円ハウス 0円生活」。早速買って読んでみた。坂口さんという人がそのまま出ている本でした。鈴木さんという天才生活者を切り口にした、自伝とう感じ。鈴木さんというヒューマンスケールでもって、凄い創造力と人間性を持った生活をしている人と出会うことで、坂口さんが今まで考えてはったことが具体性という形の自信になっていったことがよく分かります。一万冊売れたらいいね、ということで興味のある人は買ってください。普通の本屋さんにも置いてあったから、多分どこでも買えるはず。東京の本屋さんで、赤瀬川源平さんとトークショーもするらしい。勢いは止まらず、やね。

Our friend, Sakaguchi Kyohei's book, "Tokyo 0yen house, 0yen life" was published
recently. This book is a follow-up of the book, "0 yen house," which documents creative houses of "homeless people" all over Japan. While the first book is a collection of the unique houses, the recent one focuses on one man, middle aged Suzuki-san, who literary practices an art of living.
Suzuki-san's ability to create his own house, electrorical devices, and everything needed for living is pretty amazing. The way he lives his life is so far ahead that it is so much more than eco-eco living. I think by witnessing how Suzuki-san lives, Sakaguchi-san finds a way not only to articulates his uneasiness with the modern architecture but gains confident that all of his ideas about human scale architecture and creative way of living are possible. He definiely gives us a fresh perspective when both sides of "homeless people's issue" never think of "homeless people" as someone who realize the most forward way of living. (he does not undermine the social backgrounds attached to the issue though) It's too bad that "Tokyo 0yen house, 0yen life" is only in Japanese, but "Oyen house" is billingal, so please check it out if you are interested. I like his drawing too.


堀内君&おぞわら君
ありがとう!
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-01-28 23:59
2008年 01月 20日

ライブ!ギョーザ/ Live! Dumplings

○餃子一杯(1人20個)
○白飯
○スープ

e0074218_0134619.jpge0074218_0153350.jpg

写真を見ての通り、その場で茹でる熱々餃子が今日のメニューでした。20個は多いかなと思いつつ、みんな完食でした。目の前でやるとエンターテーメントやね。
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-01-20 22:23
2008年 01月 18日

解のない問いを立てるということ

仕事で廣瀬純さんのレクチャーを担当していて、あまりに面白かったのでそのことについて。レクチャーを受けていない人には&%^@?な内容です。解のない問いを立て続けることでしか、今を圧巻している「サーフィン的体制」に対抗することはできないということ。そしてクリエーティブに生きなければ意味がないというのが最終回の結論かな。「アウシュビッツ以後詩を書くのは野蛮である」とアドルノがいった事を踏まえて、それでも詩を書き続けるための試行錯誤をしていくしかないとう廣瀬さんの話が印象に残った。この言い方は「環境破壊がここまで深刻になった今、モノを作ることは野蛮である」から、それでもモノを作り続ける試行錯誤をしていくしなないということに繋がっていくし、アートでも本でも、なんにでも置き換えられる問いになる。ノー天気に波の乗り続けて成長し続けることを信じれば良かった何十年前とは違って、資源も何もかも、地球での活動には限界がありますんで、って宣告されてしまった私たちが、その状況をどうしたらクリエーティブに転換できるか。。。答えのない問いを立てて、動き続けるということにつきるんやね。(※ここでいうクリエーティブに生きるというのは、”クリエーティブ系のお仕事”みたいな感じで使われているクリエーティブという意味では全然ないの注意してください)
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-01-18 01:25
2008年 01月 14日

家族ってたいへん/ Family stuff is hard...

○ピリ辛鶏ガラスープ
○野菜たっぷり春巻き
○水菜のサラダ
○玄米ごはん

e0074218_0301624.jpge0074218_0303987.jpg


今日はここ最近の忙しさとはうって変わって静かに夜が更けていきました。まかないが食べられるから、こんな夜もよし。来なかった人には申し訳ないけど、今日の春巻きは絶品でした。今日は早くに終わったので、ウェッブサイトを作る話をする。今後こういう場所を持ち続けるかどうかが未定なので、そこを補完する為にもちゃんとしたウェッブサイトを立ち上げようという話になっていて、今の予定だと4月頃には完成するはず。今までの活動を紹介するだけじゃなくて、それ自体がメディアとして機能するようなものを作っていきたいと思っているけど、あんまり風呂敷を広げすぎると継続できないので、その辺のさじ加減が難しい。とにかく数ヶ月後の完成に向けて、エンジンをかけないとね。

Toight was pretty quiet contrary to the last several weeks. Taking an advantage of it, we did small a dinner party/meeting to discuss creating Hanare's new website. We want to create a cool websit that subsitutes on-site activities, especially in the near future a possiblity of not having a physical place is one of the options. If everythings goes smooth, it should be completed by this April. We are thinking about using the new site as a way not only to introduce our collective as well as individual activities, but to function as small media with information that matters to us. Though, our priority is, always, to keep the project managable and to leave a room to grow little by little like how hanare has grown over 2 years.
[PR]

# by kissa-hanare | 2008-01-14 01:42
2008年 01月 07日

サプライズ!/ Surprise!

〇キャベツとチキンのカレー/玄米ごはん
〇じゃがいもとアンチョビのサラダ
〇白菜のマリネ

帰ってきた坂口恭平。『0円ハウス』の著者であり、最近は国内外で展覧会活動とかここには書ききれない程いろんな事をしている坂口さんがボーダレス・アートミュージアムNO-MAで12日から開催する展覧会の為に京都に滞在しているので、「はなれ」に来てくれた。嬉しいサプライズ。ちょっと疲れ気味だったけど、いつ会っても坂口さんは坂口さんで、「はなれ」に来ていた人全員が一瞬で坂口ワールドに引き込まれていく。大家さんの話とか、ヴィエラの話とかとにかく面白過ぎる。この人は噺家です。坂口さんとは2年前に講演会の講師として招いた時に知り合って、それ以来、会うたびどんどん新しい事を続けている希有な人です。ほめ殺しみたいだけど、この限界が見えない感じ、新しい予感が彼の周りに漂っている感じがいい。みんなが帰ってからも、「はなれ」のこれからについてとか、ウェッブサイトの事とかの具体的な話がどんどん出て来て、いい影響を受けてます。

e0074218_231449.jpge0074218_241150.jpg

で、下のイメージは1月19日に発売される坂口さんの最新本のイメージです。話を聞いていると、相当面白そうなので、是非買ってみてください。発売に会わせて京都でもイベントがありそうなので(「はなれ」でもサイン会をしようか?)、またその情報も追々アップします。
e0074218_245645.jpg

[PR]

# by kissa-hanare | 2008-01-07 02:30